山田 光男 教授

専任教員

山田 光男 教授

MITSUO YAMADA

1952年3月8日

写真
担当科目
計量経済学I・II、経済統計論、産業連関分析
研究テーマ
産業と貿易の相互依存に関する計量経済研究、地域経済の計量分析
最終学歴・学位
1979年3月 名古屋大学大学院経済学研究科(博士課程)
1998年  博士(経済学)(名古屋大学)
所属学会
日本経済学会、日本統計学会、環太平洋産業連関分析学会、日本計画行政学会、中部都市学会, 生活経済学会、東アジア経済学会(EAEA)、国際投入産出学会(IIOA)
主要著書 2018年3月 Klein’s Last Quarterly Econometric Model of the United States: Wharton Econometric Model Mark 10
(S. Ichimura, S. Kinoshita and M. Yamada (eds.))
World Scientific Publishing Co.
2016年1月 『日中連関構造の経済分析』共著
(王在喆、宮川幸三、山田光男)
勁草書房
2012年3月 『日中経済発展の計量分析』共編著
(山田光男、木下宗七、武戈)
中京大学経済研究所研究叢書第18輯
2012年1月 Econometric Modeling of Japan and Asia-Pacific economies(Chapter 3,4, and 6) World Scientific Publishing Co.
2007年3月 『東アジア経済の連関構造の計量分析』単著 勁草書房
主要論文 2019年2月 "Scenario Input-Output Analysis on the diffusion of fuel cell vehicles and alternative hydrogen supply systems,"with K. Fujikawa and Y. Umeda, Journal of Economic Structures, 8(4), pp. 1-22.
2018年4月 「2011年中部圏地域間産業連関表の作成」
環太平洋産業連関分析学会『産業連関』 第25巻1号、56-73ページ
2015年10月 「1985-2010三重県県内地域間産業連関表の経年比較」(山田光男、堀内由紀夫 共著)環太平洋産業連関分析学会『産業連関』
第23巻1・2号、15-28ページ
2015年7月 "Construction of a Multi-regional Input-Output Table for Nagoya Metropolitan Area, Japan,"Journal of Economic Structures, 4(11) 1-18.
2015年4月 「高速道路サービスエリアにおける消費活動の経済波及効果」(陳延天、山田光男 共著)環太平洋産業連関分析学会『産業連関』
第22巻3号、61-77ページ
その他・
社会活動
2017年7月~ 公益財団法人九州経済調査協会研究委員
2015年7月~ 公益財団法人中部圏社会経済研究所理事・研究顧問
2000年10月~ 総務省統計局2000、2005、2011年産業関連技術委員会・会議委員