釜田 公良 教授

専任教員

釜田 公良 教授

KIMIYOSHI KAMADA

1963年2月14日

写真
担当科目
経済政策、ゲーム理論
研究テーマ
公共経済学、家族の経済学
最終学歴・学位
1990年3月 名古屋大学大学院経済学研究科(後期課程)
2000年12月 博士(経済学)(名古屋大学)
所属学会
日本経済学会、日本財政学会、International Institute of Public Finance、American Economic Association
主要著書 2012年3月 『公共経済学研究Ⅴ』 勁草書房
2007年3月 『公共経済学研究Ⅳ』共編著 勁草書房
2001年3月 『公共経済学研究Ⅲ』共編著 勁草書房
2000年6月 『世代間所得移転政策と家族の行動』 勁草書房
主要論文 2014年1月 "Educational Investment, Liquidity Constraint and Optimal Public Policy"共著(Discussion Paper 1308, Institute of Economics, Chukyo University)
2012年4月 "Effects of Public Persions on Residential Choise and Welfare in the Family"共著(Discussion Paper 1201, Institute of Economics, Chukyo University)
2006年9月 "Bequest Motives and Fertility Decisions"共著(Economics LettersVol.92)
2004年1月 "Government Transfers and the Samaritan's Dilemma in the Family"共著(Public Choice Vol.118)
2002年6月 "Income Redistribution Effect of Public Pensions between Dynastic Families"共著(Review of Income and Wealth Vol.48)