椿 建也 教授

専任教員

椿 建也 教授

TATSUYA TSUBAKI

1959年8月17日

写真
担当科目
西洋経済史I・II
研究テーマ
20世紀英国住宅史・都市史
最終学歴・学位
1995年3月 慶応義塾大学大学院経済学研究科(博士課程)
1993年9月 Ph.D.in Socia1 History (University of Warwick)
所属学会
社会経済史学会、日本西洋史学会、現代史研究会
主要著書 2013年3月 『イギリス住宅政策史研究一九一四~四五年』単著 勁草書房
2009年7月 『近代イギリスと公共圏』共著 昭和堂
主要論文 2012年12月 "Model for a Short-lived Future"? Early Tribulations of the Barbican Redevelopment in the City of London, 1940-1982' (Planning Perspectives, Vol.27, No.4)
2007年3月 「大戦間期イギリスの住宅改革と公的介入政策―郊外化の進展と公営住宅の到来―」(中京大学経済論叢第18号)
2003年5月 "Anglo-Japanese Exchanges in Town Planning: The Case of Tama New Town in the 1960s and William A Robson" (Planning History, Vol.25, No.1)
2000年3月 "Planners and the Public: British Popular Opinion on Housing during the Second World War"( Contemporary British History, Vol.14, No.1)
1995年5・6月 「1940年代イギリスにおける住宅構想とその現実 -ポーツマスとコヴェントリーを中心として-」(社会経済史学第61巻1号)